■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

サイレント・マジョリティの謎
前回のブログ記事の中で、5/28の仙台講演会の内容について、
『「もっとも偉大なものとは、もっとも奥ゆかしいものである」の意味がわかってくる』
――と書いた。

これは、すなわち「サイレント・マジョリティ」のことである。

声だけはやたらとデカい傲慢で強欲なノイジー・マイノリティがこれまでの日本、
いや世界を牛耳ってきた。
「声無き声」、「沈黙の大多数」の気持ちを封印し、ウソと幻想で君臨してきた。

しかし、その何倍、何十倍、何千倍もの「サイレント・マジョリティ」が存在することを、
彼らは隠してきたし、当事者たちも自らの「サイレント・マジョリティ」ぶりを
忘却してしまっていた。

「第182号」では、その「サイレント・マジョリティ」の正体について、
画期的で衝撃的な謎解きをしようと思う。
たまたま、数日前、ギターでMETALLICAの『Atlas, Rise!』のリフを練習していたとき、
ふと舞い降りた直観こそが『第182号』の根幹を担うこととなった。

ちなみに、「楽器」とは完全なる「道具」だ。
楽器自体にじつはほとんど価値はない。
弾き手の心、魂に楽器は応え、最適な共鳴を生む。
楽器を命のように大切にする人がいるが、その気持ちは理解するが、
しかしじつはそれでは楽器は上手くならない。
「楽器」は、大切に磨かれたいとは思っていない。
「楽器」は、本分である「良い音」を出して欲しいだけだ。
楽器を大切に磨いても一切、音はよくならないし上手くもならない。
「私の楽器は誰にも触らせない」という人がいるが、
下手な人の典型的な執着心に過ぎず、
良い音を出すためにもっとも邪魔をするのがその不純な執着心だ。

上手い人はバケツをひっくり返したのをドラムに見立てて叩いても
人の心を打つ。

楽器に人が従えているのではない。
心と魂を持った者に楽器が従えるのだし、
従えたいのだよ。

つまり、単なる道具に過ぎない楽器を御せぬ者が音楽を語るなよ、と。

偽キリストには反キリストが呼応する。
反キリストは、偽キリストのいかに虚構性の高きによって際立たされる。

偽キリストと反キリストはまったく別の人物であり真逆の存在だからな。

偽キリストは、キリスト教かそれに準じたグループから現れる。
一方、反キリストは、ユダヤ教の未見の救世主であり、未来仏ミロク(666)のことだ。

反キリストとは、「バチカンから見たら悪魔と映る人物」のことであり、
縄文を礎に置くことを自覚している日本の言霊が理解できる人たちからすれば、
まさに「救世主」となる。

「救世主」がどのようなメカニズムで機能するかについては、
情報誌でサラッと述べ、大樹界で完全解明する。
それは霊感だけでもわからないし、学識だけでもわからない。
両者が均衡してはじめて浮き彫りになる「まさかの秘密」だ。

偽キリストは、反キリストの登場を恐れ、一秒でも早く自らの帝国を築こうとする。
しかし、反キリストは、偽キリスト、つまり偽預言者を瞬間的に消し去る。
偽キリストが大きくなればなるほど、反キリストは力を蓄えていくこととなる。

しかし、多くの人は、偽キリスト、つまり偽預言者のその巧みな演出力の魅力に堕ちる。

「偽キリスト」=「ノイジー・マイノリティ」の代表だ。
「反キリスト」=「サイレント・マジョリティ」の代表だ。

両者は水と油、真逆の存在。
相容れることはない。

「サイレント・マジョリティ」である反キリストは、
ノイジー・マイノリティたちの「肉の眼」ではどうやったって見えないんだよ。

だからゆえ、偽キリスト一派は、血眼になって反キリストを探し葬り去ろうとする。
しかし、いくら探しても見つからない。
ここに、反キリスト、つまり「The Redeemer」の秘密がある。
反キリストの存在は、「肉の眼」では見えないのだ。。。

このメカニズムとあらましも78%ほど降りた。

私がまるで学者のように「調べた上で出された研究結果」だと言う人がいるが、
そう言う人は、瀬織津姫とは美しいお姫様だと霊感したらしい。
だから、私はそのような霊感を大いに疑っている。
――いや、金輪際一切認めない。

『情報誌INTUITION』は、霊感を学識で肉付けして、
しかも無意識で綴られている。
(私はブラインドタッチをしているだけだ)
これがわからない人がたくさんいらっしゃる。
(説明してないのだからわからなくて当然ですが)

勉強による知見に負ける霊感とは何だ?
ひと言、ふた言会話でもすれば、ただちにそのニセモノ性が露見される。

ならば、勉強による知見を持ち、その上でさらに卓越した霊感を持った者がいたとしたら、
いったいどうなると言うのだろうか?

第一級の情報部員、忍者は後世に一切名を残さない。
名を残している有名な忍者は、三流だ。




| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=151 |
| カテゴリー1 | 09:39 AM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑