■CALENDAR■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2017年06月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

完全に潮目が変わった
アメリカ国防総省の機関紙である、
『STARS AND STRIPES』(星条旗新聞)は、
安倍首相の森友学園スキャンダルについて、
「首相を(スキャンダル)でもつれさせる恐れがある」と報道。
つまり、これは米国政府の見解そのものである。

これを受けて、日本のマスメディアは一斉に安倍のスキャンダルを
徹底追及する動きへとシフトした。

安倍首相官邸によるメディア懐柔の「アンコン政策」より、
「米国政府の意向」が優先される形だ。

「In Japan, a scandal over a school threatens to entangle the prime minister」
http://www.stripes.com/in-japan-a-scandal-over-a-school-threatens-to-entangle-the-prime-minister-1.456264#.WLbWwNSLSHs

なお、なぜ米国が安倍首相に激怒したのかについては情報誌や大樹界などでお話しいたします。

また、森友学園の背後には大阪の在特会および、
日本会議系の政治団体「龍馬プロジェクト」が関わっており、
その龍馬プロジェクトは、181号に書いた「八ヶ岳系スピリチュアル」にも関係している。

だいたい、「龍馬」だ「維新」だ言っているのはみな
旧満州長州系明治維新官軍靖国系支配層の仲良しクラブだ。

現代版『河豚計画』はこの先どのような運命を辿るのだろうか?

八ヶ岳に集う、縄文を偽装した弥生侵略スピリチュアルカルト集団に、
私はすでに「着目」し、そこに意識を向けている。

――高野山での講演会、やらないで正解だった(ドタキャンした)。


【お知らせ】

来る5月28日(日)に、仙台天命塾にて講演会を行います。
みなさまお誘い合わせの上、ふるってご参加くださいませ。

講演タイトル 「救世主と神仕組」

【概要】

トランプ大統領の登場によって世界の潮目は変わった。
これは予期せぬことではなく、
筆者のこれまでの講演会や情報誌でずっと語られていたことだった。
雛形の雛形、淵源の淵源からフラクタルに波及する「神仕組」のメカニズムが明らかになる。
そして、その「神仕組」の中心核として機能する「救世主」のあらましも明らかになってくる。
龍体列島日本の根底を行き来する炎龍「サラマンダー」が地上にどう作用するのか?
また、人の意識にどう影響を与えるのか?
その龍体と救世主がどう「神仕組」として顕現していくのかという構造を明らかにする。
このメカニズムがわかってくると、
どうしてこの講演会が「仙台」で開催されるのかの意味がわかる。
「もっとも偉大なものとは、もっとも奥ゆかしいものである」の意味がわかってくる。
巷間語られる「秘密」がもはや色あせる、超弩級の多次元最新情報を、
ここ仙台天命塾において、粛々と朴訥として寡黙にゆったりとお示ししていくのだと思います。

開催詳細は、「仙台天命塾」の公式サイトをご覧ください。
近日中に、当講演会情報がUPされると思います。

「仙台天命塾」公式サイト http://genkiup.net/


| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=150 |
| カテゴリー1 | 11:09 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑