■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2017年03月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

サイレント・マジョリティの謎
前回のブログ記事の中で、5/28の仙台講演会の内容について、
『「もっとも偉大なものとは、もっとも奥ゆかしいものである」の意味がわかってくる』
――と書いた。

これは、すなわち「サイレント・マジョリティ」のことである。

声だけはやたらとデカい傲慢で強欲なノイジー・マイノリティがこれまでの日本、
いや世界を牛耳ってきた。
「声無き声」、「沈黙の大多数」の気持ちを封印し、ウソと幻想で君臨してきた。

しかし、その何倍、何十倍、何千倍もの「サイレント・マジョリティ」が存在することを、
彼らは隠してきたし、当事者たちも自らの「サイレント・マジョリティ」ぶりを
忘却してしまっていた。

「第182号」では、その「サイレント・マジョリティ」の正体について、
画期的で衝撃的な謎解きをしようと思う。
たまたま、数日前、ギターでMETALLICAの『Atlas, Rise!』のリフを練習していたとき、
ふと舞い降りた直観こそが『第182号』の根幹を担うこととなった。

ちなみに、「楽器」とは完全なる「道具」だ。
楽器自体にじつはほとんど価値はない。
弾き手の心、魂に楽器は応え、最適な共鳴を生む。
楽器を命のように大切にする人がいるが、その気持ちは理解するが、
しかしじつはそれでは楽器は上手くならない。
「楽器」は、大切に磨かれたいとは思っていない。
「楽器」は、本分である「良い音」を出して欲しいだけだ。
楽器を大切に磨いても一切、音はよくならないし上手くもならない。
「私の楽器は誰にも触らせない」という人がいるが、
下手な人の典型的な執着心に過ぎず、
良い音を出すためにもっとも邪魔をするのがその不純な執着心だ。

上手い人はバケツをひっくり返したのをドラムに見立てて叩いても
人の心を打つ。

楽器に人が従えているのではない。
心と魂を持った者に楽器が従えるのだし、
従えたいのだよ。

つまり、単なる道具に過ぎない楽器を御せぬ者が音楽を語るなよ、と。

偽キリストには反キリストが呼応する。
反キリストは、偽キリストのいかに虚構性の高きによって際立たされる。

偽キリストと反キリストはまったく別の人物であり真逆の存在だからな。

偽キリストは、キリスト教かそれに準じたグループから現れる。
一方、反キリストは、ユダヤ教の未見の救世主であり、未来仏ミロク(666)のことだ。

反キリストとは、「バチカンから見たら悪魔と映る人物」のことであり、
縄文を礎に置くことを自覚している日本の言霊が理解できる人たちからすれば、
まさに「救世主」となる。

「救世主」がどのようなメカニズムで機能するかについては、
情報誌でサラッと述べ、大樹界で完全解明する。
それは霊感だけでもわからないし、学識だけでもわからない。
両者が均衡してはじめて浮き彫りになる「まさかの秘密」だ。

偽キリストは、反キリストの登場を恐れ、一秒でも早く自らの帝国を築こうとする。
しかし、反キリストは、偽キリスト、つまり偽預言者を瞬間的に消し去る。
偽キリストが大きくなればなるほど、反キリストは力を蓄えていくこととなる。

しかし、多くの人は、偽キリスト、つまり偽預言者のその巧みな演出力の魅力に堕ちる。

「偽キリスト」=「ノイジー・マイノリティ」の代表だ。
「反キリスト」=「サイレント・マジョリティ」の代表だ。

両者は水と油、真逆の存在。
相容れることはない。

「サイレント・マジョリティ」である反キリストは、
ノイジー・マイノリティたちの「肉の眼」ではどうやったって見えないんだよ。

だからゆえ、偽キリスト一派は、血眼になって反キリストを探し葬り去ろうとする。
しかし、いくら探しても見つからない。
ここに、反キリスト、つまり「The Redeemer」の秘密がある。
反キリストの存在は、「肉の眼」では見えないのだ。。。

このメカニズムとあらましも78%ほど降りた。

私がまるで学者のように「調べた上で出された研究結果」だと言う人がいるが、
そう言う人は、瀬織津姫とは美しいお姫様だと霊感したらしい。
だから、私はそのような霊感を大いに疑っている。
――いや、金輪際一切認めない。

『情報誌INTUITION』は、霊感を学識で肉付けして、
しかも無意識で綴られている。
(私はブラインドタッチをしているだけだ)
これがわからない人がたくさんいらっしゃる。
(説明してないのだからわからなくて当然ですが)

勉強による知見に負ける霊感とは何だ?
ひと言、ふた言会話でもすれば、ただちにそのニセモノ性が露見される。

ならば、勉強による知見を持ち、その上でさらに卓越した霊感を持った者がいたとしたら、
いったいどうなると言うのだろうか?

第一級の情報部員、忍者は後世に一切名を残さない。
名を残している有名な忍者は、三流だ。




| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=151 |
| カテゴリー1 | 09:39 AM | comments (x) | trackback (x) |
完全に潮目が変わった
アメリカ国防総省の機関紙である、
『STARS AND STRIPES』(星条旗新聞)は、
安倍首相の森友学園スキャンダルについて、
「首相を(スキャンダル)でもつれさせる恐れがある」と報道。
つまり、これは米国政府の見解そのものである。

これを受けて、日本のマスメディアは一斉に安倍のスキャンダルを
徹底追及する動きへとシフトした。

安倍首相官邸によるメディア懐柔の「アンコン政策」より、
「米国政府の意向」が優先される形だ。

「In Japan, a scandal over a school threatens to entangle the prime minister」
http://www.stripes.com/in-japan-a-scandal-over-a-school-threatens-to-entangle-the-prime-minister-1.456264#.WLbWwNSLSHs

なお、なぜ米国が安倍首相に激怒したのかについては情報誌や大樹界などでお話しいたします。

また、森友学園の背後には大阪の在特会および、
日本会議系の政治団体「龍馬プロジェクト」が関わっており、
その龍馬プロジェクトは、181号に書いた「八ヶ岳系スピリチュアル」にも関係している。

だいたい、「龍馬」だ「維新」だ言っているのはみな
旧満州長州系明治維新官軍靖国系支配層の仲良しクラブだ。

現代版『河豚計画』はこの先どのような運命を辿るのだろうか?

八ヶ岳に集う、縄文を偽装した弥生侵略スピリチュアルカルト集団に、
私はすでに「着目」し、そこに意識を向けている。

――高野山での講演会、やらないで正解だった(ドタキャンした)。


【お知らせ】

来る5月28日(日)に、仙台天命塾にて講演会を行います。
みなさまお誘い合わせの上、ふるってご参加くださいませ。

講演タイトル 「救世主と神仕組」

【概要】

トランプ大統領の登場によって世界の潮目は変わった。
これは予期せぬことではなく、
筆者のこれまでの講演会や情報誌でずっと語られていたことだった。
雛形の雛形、淵源の淵源からフラクタルに波及する「神仕組」のメカニズムが明らかになる。
そして、その「神仕組」の中心核として機能する「救世主」のあらましも明らかになってくる。
龍体列島日本の根底を行き来する炎龍「サラマンダー」が地上にどう作用するのか?
また、人の意識にどう影響を与えるのか?
その龍体と救世主がどう「神仕組」として顕現していくのかという構造を明らかにする。
このメカニズムがわかってくると、
どうしてこの講演会が「仙台」で開催されるのかの意味がわかる。
「もっとも偉大なものとは、もっとも奥ゆかしいものである」の意味がわかってくる。
巷間語られる「秘密」がもはや色あせる、超弩級の多次元最新情報を、
ここ仙台天命塾において、粛々と朴訥として寡黙にゆったりとお示ししていくのだと思います。

開催詳細は、「仙台天命塾」の公式サイトをご覧ください。
近日中に、当講演会情報がUPされると思います。

「仙台天命塾」公式サイト http://genkiup.net/


| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=150 |
| カテゴリー1 | 11:09 PM | comments (x) | trackback (x) |
『第181号』、ようやく書きあがる。 ――あと『大樹界』について
みなさん、こんにちは。

さて、前回のブログ(2/8)に「まもなく完成いたします」と書いてから、
大幅に加筆し、結局、ほぼすべて書き下ろしました。

糸魚川の大火事については、昨年12/25の仙台天命塾でお話しし、
その内容は、仙台天命塾長、大久保先生が、
1/18のブログにてまとめてくださいましたので、
そちらを参照していただくことにし、『第181号』には載せないことにしました。

仙台天命塾、大久保さんのブログは、
http://tenmei999.blogspot.jp/2017/01/8232017118.html

↑6回に亘ってブログで紹介してくださいました。
大久保さん、ありがとうございます。


さて、『第181号』は、本日2/17深夜に印刷所へと入り、
明日の午後に仕上がってきまして、
2/18(土)の夕方~夜にかけて発送となります。
土日をはさみますので、みなさまのお手元に到着するのは、
おそらく2/20頃と推定されます。
大変お待たせいたしまして申し訳ございません。


さて、『大樹界2017』がまもなく募集開始となります。
第一界目が3/11ですので、本当にギリギリ二週間前です。
『第181号』に、詳細ご案内が同封されますので、
ぜひ、みなさま、ご参加ください。

日程は次のとおりです。

★第一界 3月11日(土) 14時
★第二界 5月20日(土) 14時
★第三界 7月15日(土) 14時
★第四界 9月9日(土) 14時
★第五界 10月28日(土) 14時
★第六界 12月9日(土) 14時

参加資格は『情報誌INTUITION』の正規購読者です。

『大樹界』は、一字一句すべて文字に起こされた「活字版界員」もご用意しておりますので、
ご多忙、ご遠方、またはコミュ障(笑)の方はぜひ活字版にてご参加ください。
(一番のコミュ障は筆者ですが)

今年の大樹界は「救世主の全貌」を中心に、
本格的で具体的で実践的なあらゆるあらましを解いていきます。
ご期待ください。

ご参加お申し込みをいただきた方には、
2月末に詳細ご案内資料をお送りいたします。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

※今日はアスクルの現場に行ってきましてプラスチックの焼けた煙を吸い込みました。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=149 |
| カテゴリー1 | 05:56 PM | comments (x) | trackback (x) |
『第181号』 進捗状況について
みなさん、こんにちは。

さて、お待たせいたしております『第181号』は、
まもなく完成いたします。

もう少々お待ちくださいませ。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=148 |
| カテゴリー1 | 01:07 AM | comments (x) | trackback (x) |
炎龍は「棚倉構造線」へ!?
昨夜(1/2夜)、新潟県見附市、燕市で不自然な火災が相次いだ。
表向きは「落雷によるもの」と発表されたが、
私見では、炎龍が日本海沿いを北へ遡上していると見る。
すると、もしかすると、炎龍は、山形県酒田市あたりから、
米沢、そして猪苗代湖を縦断し、
日立、水戸へ抜ける「棚倉構造線」に入るかもしれない。
先日の茨城県高萩震度6弱から棚倉構造線を逆行して、
山形から直江津に向かっているのかはわからない。
この「棚倉構造線」というのは、ほとんど未解明の「謎」の断層だ。
1/3未明に八街市の自動車用品店で原因不明の火災があった。
先日、糸魚川から続く中央構造線沿いの大宮(ステーキ店)、
柏(イオンモール)でも火災があった。
中央構造線は、柏市で三つに分岐する。
ひとつは鹿島へ。
もうひとつは水戸、日立、高萩へ。
そして、もうひとつは八街を経由して九十九里に抜ける。
謎の火災はみな、断層の上で起きている。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=147 |
| カテゴリー1 | 05:18 PM | comments (x) | trackback (x) |
『第179号』&『第180号』のご感想
みなさん、こんにちは。
素敵なお正月を過ごされていますでしょうか?

さて、年末に『第179号』&『第180号』という、
超デカ盛り号をお送りいたしましたが、
お読みいただけましたでしょうか?

たくさんご感想などお送りいただきまして、
ありがとうございます。

その中でも、とりわけありがたく、
素晴らしいご感想がありました。
ご本人に当ブログ掲載の承諾を得ましたので、
ご紹介いたしますのでお読みください。
(※お名前などはイニシャルに変えさせていただきました)

――――――――――――――――――――

澤野大樹 様

兵庫のTです。
新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

年末に届きました、超特大号2部作を読ませていただきました。

まずは、この時代におきまして、これほどの情報に触れられること、
知ることが出来ることに、心より感謝申し上げます。
以前にINTUITIONは、他の情報とは格が違うと表現させていただき
ましたが、今回、他の情報と比較することもおこがましいという
心境に正直なりました。

これほどの情報を、INTUITIONの他に、一体誰が書けるというのか。

読み終えると、己の精神領域が超飽和状態となり、この状態をどうすれば
いいのかと、良い意味で戸惑う自己がありました。

また同時に、これらの情報を知ったという責任の重さも感じます。

本文に「知った」だけでは何の意味もないことだ、と書かれています。
まさにその通りだと思います。
一般的には、ある情報を知りながらも、それはあくまでも情報として、
実生活とは切り離して考えるというのが通例だと感じます。

今回の情報は、ある意味、今までに深く捉えなかった、関心も持たなかった
私達国民に対する警告でもあると思うのです。
面白かったでは決して済まされない。

しかし、「では己が何とかしよう」という心境も、それこそ傲慢な姿勢になり、
では一瞬どこに中心を設定しようかと、葛藤みたいなものが生じるのも事実です。

まずは、しばらくの間、静かに受け取り、無意識に発露されることを待ってみよう
と思います。

それとまずは実際に出来ること、可能なかぎり糖質は取らないことで、頭の回路を
変化させることで、弥生支配体制の一つからは脱却でき、そこからまた無限の思考が
生まれてくる予感はあります。

今回改めて、どれだけ複雑な支配体制が構築されてきたのか、どれほど巧妙で緻密で、
何重にも絡み合い、逆に正義感を強く持った人が利用されることなど、よほどの
頭の柔軟性と、ちくわとしての素直さがないと絶対に紐解けないことを強く
強く実感させられます。

今回の情報は、2016年の最大の衝撃でもありました。

命をかけて執筆いただいたことに本当に感謝いたします。

そして次回も楽しみにしております。


――――――――――――――――――――

T様、本当にありがとうございました。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=146 |
| カテゴリー1 | 02:24 AM | comments (x) | trackback (x) |
地味過ぎて伝わらない「大予言」(笑)
みなさま、ごきげんいかがですか?
世間的、いや世界的に新年ムード一色となっているが、
じつは筆者も新年を迎えています。

さて、今回は、地味過ぎて伝わらない「大予言」(笑)をお伝えいたします。

ピコ太郎氏が『PPAP』をYoutubeに初めてUPしたのが、
2016年8月25日だそうです。
そして、そこからジャスティン・ビーバー氏のツイートによって火がつき、
世界的なブームになりました。

だがしかし、その『PPAP』の登場を、なんと筆者が地味に予言していた!!

11月19日に発売となった拙著、
新刊『瀬織津姫システムと知的存在MANAKAが多次元世界のタブーを明かす』
の247ページの写真をご覧いただきたい(笑)。

この写真が撮影されたのは、巻末287ページ目に記載のとおり、
2016年7月12日だ。

つまり、筆者はピコ太郎氏の『PPAP』がまだ世に出る前、
1ヶ月以上前にすでにこの決めポーズをキメていた!!

※新刊を持っている方でないとわからない状態。
※しかも、肝心のその画像をここにUPしないという。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=145 |
| カテゴリー1 | 04:06 AM | comments (x) | trackback (x) |
『第179号』&『第180号』が完成いたしました。
みなさん、こんにちは。

さて、大変お待たせいたしております、
『情報誌INTUITION』、『第179号』&『第180号』 が二作同時に完成いたしました。
本日(12/22夜)より発送作業に取り掛かります。
明日(12/23)の夕方までにはすべての投函が完了する見込みです。

かなりのボリューム(史上最大)となりましたので、
いつものように三つ折りにすることができませんでした。
ですので、角2サイズの大きな封筒にてズッシリ200グラムでお届けいたします。

『第179号』、そして『第180号』にはちょっとシャレにならない内容が書いてあります。
読むのに数日かかる方もおられるかもしれませんが、
仔細までお読みいただけましたら嬉しく思います。

さて、今回の 『第180号』 にて、すべての皆様のご購読期間が終了となります。
ぜひ、次期 『第181号』~『第192号』 も引き続きご購読ください。
ご継続ご案内書類が同封されておりますのでよろしくお願い申し上げます。

また、まったくの新規でご購読を希望されます方がおられましたら、
INTUITION公式サイト http://www.intuition.jp の「contact」ページから、
メールでお知らせください。


さて、中央構造線を遡上していた「諏訪の蛇体」(龍体)が、
途中でフォッサマグナに入り込み、今日、糸魚川炎上で示された。

フォッサマグナ左側は糸魚川~静岡安倍川。
そして、右側は新潟直江津~平塚だ。
そして、今日、平塚でも火災があり東海道新幹線が止まりました。

つまり、フォッサマグナの左上と右下が対角線で結ばれた。
つまり、フォッサマグナのど真ん中を龍体が横切ったということ。

糸魚川と直江津の間にあるのが「焼山」(やけやま)。
静岡安倍川と平塚の間にあるのが「箱根」「芦ノ湖」「富士山」ということ。
いずれにせよ、地熱の高まりからも龍体の覚醒ぶりは誰もが気づくレベルです。

それではまた。



| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=144 |
| カテゴリー1 | 09:58 PM | comments (x) | trackback (x) |
2017年 『大樹界』 の日程が決まりました。
非公開、界員制の 『大樹界』 2017年の日程が決定しましたのでお知らせいたします。

第一界  3月11日(土) 14時~
第二界  5月20日(土) 14時~
第三界  7月15日(土) 14時~
第四界  9月9日(土) 14時~
第五回  10月28日(土) 14時~
第六回  12月9日(土) 14時~

※詳細は、来年初号『第181号』にご案内が同封されますのでご確認ください。
※『大樹界』は、情報誌INTUITIONのご購読者が対象です。 

※日露首脳会談。安倍さん、やっちまったなー(遠い目)。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=143 |
| カテゴリー1 | 12:03 AM | comments (x) | trackback (x) |
『第179号』&『第180号』の進捗状況について
※DVDご注文の方で、
新刊『瀬織津姫システムと知的存在MANAKAが近現代史と多次元世界のタブーを明かす』
のご購入を希望される方がおられましたら、コメント欄にその旨お書き添えください。


みなさん、こんにちは。

さて、『第179号』と『第180号』は、現在鋭意執筆中です。

大変お待たせしてしまって申し訳ございません。

今年中に2つ同時に発行いたします。

かなりの量があり、いつものように三つ折りができないので、
通常のあの「青い封筒」には入らず、折らずに大きな封筒での発送になるかと思います。

何ページになるかわからない終わりの見えない執筆の旅をいたしております。
(大量に書き下ろすと疲労が凄いので身体をいたわりながら)

今回の最終『第180号』で、すべてのご購読者様のご購読期間が終了となります。

『第180号』に、次期 『第181号~192号』のご継続手続きのご案内が同封されますので、
ぜひ、また引き続きご購読ください。


さて、前回の当ブログ(11/29)でも既報のとおり、
12/25(日)に仙台で講演会を行います。
今年最終でもあり、来年への展望をお伝えいたしますので、
ぜひご参加ください。
新刊本も当日販売いたしたいと思っております。
(新刊には秘伝キノコ坊やサイン書きます)

※仙台天命塾の大久保さんが新刊についてブログで言及してくださいました。

「大樹1」
http://tenmei999.blogspot.jp/2016/12/7782016125.html

※大樹4まであります(笑)。

よろしくお願い申し上げます。




| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=142 |
| カテゴリー1 | 06:07 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑