■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2016年05月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

沖縄の米兵の事件について
沖縄の米兵の事件について。

伊勢志摩サミットでオバマ大統領が広島を訪問します。
オバマ氏が非核を訴えますのは、
じつは日本への当てつけという側面もあります。

日本が右傾化し、「日本も核兵器を持つべきだ」という人が増えてきました。
「脅迫」によってもたらされる平和こそが平和であると訴える人たちです。

日本政府は、米国側に広島長崎の件でなんとかオバマ氏から、
謝罪の言質を取りたい。
しかしそれはこれまでの「世界の警察」としての顔をもつ米国からの謝罪です。

オバマ氏が今回、もし謝罪的な発言をしたとしたらなば、
それは、世界に君臨する暴君としてのアメリカとしての立場ではなく、
縄文化に進んだ新しいアメリカの顔として発せられるものでしょう。

日本は、アメリカの威光を笠に着てきたこれまでの弱い日本から、
アメリカから真の独立を果たした先にある「核自衛」を目論んでいますが、
戦後、長州の真の敵国であるアメリカがもはや反核にシフトしてしまっている以上、
日本の核配備へ向けた意気込みとは逆行しているのです。

そんなアメリカの意思をより明確に示すために、
今回の沖縄米兵による事件がクローズアップされてるのだと思います。

オバマ氏を広島で謝罪させたければさせたいほど日本が核を持つ理由が無くなっていく。
沖縄で米兵が事件を起こせば起こすほど、日本国内で反米意識が高まるが、
それはむしろ反米反戦左翼の求心力を増すだけで長州の思う反米とは意味が違ってきます。

ここから、米国の真意が透けて見えるのです。

つまり、

「アメリカはかつての原爆について謝罪しますよ。それは今のアメリカが、
 かつてのアメリカとは違うことを示すためです。つまり、だからといって、
 それは大日本帝国の所業を肯定することではなく、
 また、日本の核配備を後押しするものでもないですよ」ということです。

つまり、

今、アメリカは反核の方向へ進んでいます。
なのに、それに逆行して日本が核配備に勤しむのであれば、
アメリカは、日本を容赦なく叩き潰しますよ。

ということを言っているわけです。

オバマ氏がもし謝罪をするとしたら、それは当然、対日戦略の一環であるということです。

米国が謝罪をもししたら、当然のことながら、

「おい、明治維新以降の日本で秘密にしていることあるだろ?」
「日本政府も日本国民に謝らなければならないことがあるだろ?」と迫ってくるはずです。

つまり、

「米国が原爆を謝罪した!」と歓喜する背後で、
究極の藪蛇となる可能性があるということです。

これから沖縄で反米意識やデモが大きく起こってくるでしょう。
しかし、米国はじつは敵ではありません。
本当の「敵」があなたには見えるだろうか?

アメリカは日本の誰を敵として見ているのか?
日本の誰がアメリカと戦おうと企図しているのか?

これがわかったならば、その瞬間に、
縄文日高見の私たちと米国がじつは利害が一致していることに、
驚くはずです。


| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=128 |
| カテゴリー1 | 10:21 PM | comments (x) | trackback (x) |
講演会のお知らせ
みなさん、こんにちは。

5/13(金)の新浦安セミナーにはたくさんお集まりくださいまして、
本当にありがとうございました。

「逆みかん」のお話しをいたしました。

さて、直近の講演会の予定をお知らせいたします。
――――――――――――――――――――――

★5/28(土) 大樹界(界員のみ/一般の参加はできません)

――――――――――――――――――――――

★6/5(日) 岡山講演会 決定!! 

タイトル: 『 岡山から浮上する真正縄文意識!!』

岡山に隠された秘密とは!?
失われた魂のルーツを探り、改めて、この時代に生きる意味を知る。
これからの未来へのヒントになる講演会です。
一人ひとりの立ち位置を確認してみませんか?

※バラエティに富んでいながらも深いお話をたくさんいたします。
※岡山限定のお話しと思わせておきながら普遍的で壮大な内容となることでしょう。

日時:2016年6月5日(日) 14:00~17:00

場所:狸庵(リアン)文庫美術館イベントホール
    岡山県岡山市北区富町2-13-14
    http://rianbunko.com/

参加費:3,000円

ご予約・お問い合わせ
manaloa.mari@gmail.com (佐藤)

(※当初は6/6とアナウンスしていましたが正式に6/5となりました)

――――――――――――――――――――――

★6/18(土) 新浦安講演会 第4回 17時~20時

新浦安 日の出公民館 第一会議室にて。
参加ご希望の方は、メールをお送りください。

――――――――――――――――――――――

みなさま、お誘い併せの上、ぜひご参加ください。
お待ちいたしております!!

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=127 |
| カテゴリー1 | 07:35 PM | comments (x) | trackback (x) |
● できごと
みなさん、こんにちは。

さて、そろそろみなさんのお手元に『第176号』が到着する頃です。
GW連休前に発行できて安心(いや、内心ホッと)しております。

『第176号』では、最後の「できごと」がありませんでしたので、
ここでひとつ、書いてみたいと思います。

『第176号』では、熊本で起きた大きな地震について、多くの章を割いております。
「熊本」という場所にまつわる基礎的なメカニズムと、基礎知識を押さえますと、
これだけたくさんのことが紐解かれていくのだということを、
ぜひ体験していただきたく思っています。
その基礎メカニズムと、基礎知識を踏まえると、見えてくる多次元的見解がございます。
『第176号』では、そこの部分を強調しております。

さて、最新DVD『消されたシリウス』はもうご覧いただけましたでしょうか?
『ヒタカミの追憶』から始まった、
奇想天外なストーリーのクライマックスともいえる作品です。
いや、クライマックスと思っているのは今だけで、
おそらくこれからもっと展開していくと思います。

『ヒタカミの追憶』で、完全に「スイッチ」が入ったと思っています。

そして、『縄文神アラハバキと核エネルギー』で、さらに深く掘り下げ、
この日本に封印された秘密がどんどん浮上するのを感じました。

『瀬織津姫と新世界秩序』は、それらが日本限定ではなく、
世界、いや、この地球そのものに関わる喫緊の重大事であることがわかってきました。

そして、『女神の魂』では、その根幹を担う日本とアメリカの魔術的秘密が明かされます。
個人的には、この『女神の魂』は、
まさに精神的カタルシスをもたらした金字塔的作品と感じます。
『女神の魂』は、すごく特別な講演内容で、
色褪せることなく残っていくものだと思っています。

そして、『セイレーンの魔女』です。
『セイレーンの魔女』は、『ヒタカミの追憶』から始まった摩訶不思議な多次元ストーリーの、
まさに真髄であり、真骨頂であり、クライマックスに違いないと当時は思いました。
それくらい、私の中では重要な作品です。
そして――、

――あれから二年(笑)。
ここに『消されたシリウス』を世に放つことができました。

『ヒタカミの追憶』以降、私は「猛烈」と評言して良いくらいに勉強をしました。
(それでもまだ到底足りませんことは承知いたしております)
意識は完全に内在の「閉ざされたひとり」の中核へと向かっていました。
ここで、情報誌の発行に変化が起き、
文章量は3倍になったのですが、発行ペースが2倍遅くなりました。
このため、2014年以降の情報誌の発行が不規則になっていったのです。
そのことについて、「不誠実だ」とか罵られましたが、私の中ではまったく違っていて、
誠実であるためにそうならざるを得なかったわけですので、弁明に苦慮いたしました。
多くの人が思い描く「私の思うスピリチュアル」を追認するだけで、
その精神的充足を担う形をもって迎合してゆくという情報誌からの脱却を、
今思えば、確かに模索していたのだといえます。

その先に、「解放されたひとり」と出会い、新たな境地へと入ることができました。
その結果、生み出されたのが『消されたシリウス』です。
『消されたシリウス』が産み出されるまでには、これだけの辛苦があったわけです。

初めてINTUITIONを知った方、
初めてDVDをご覧になられる方もたくさんおられるでしょう。
初めて講演を聞かれた方は、おそらく私が何を言っているのか理解できないかもしれません。
情報誌INTUITIONは、今年で20周年です(よ!!)。
20年という歳月は、ひと言では申せない日々の積み重ねが確かにありますものね。
己の感覚ではわかりはしませんが、膨大な考量がそこにはあったのでしょう。
今、情報誌の執筆速度は、徐々に加速し、本来のペースへと回復しています。
しかし、情報の質と密度が格段に上がっているということを、
ぜひ感じていただきたいです。

『第176号』にも書きましたが、
「入り口と出口は必ず純粋でなければならない」と常に思っています。
つまり、『情報誌INTUITION』は、
まさに「純粋」こそがその突出した特徴でなければならないということです。

――と、つまり筆者が何を申したいのかと申しますと、
GW連休、4/28~5/4まで完全に休みますということです。

連休中に、お問い合わせや、DVDや情報誌のご注文をいただきました方への返信や発送は、
すべて5/5以降となりますので、何卒ご了承ください。

みなさん、充実した良い連休をお過ごしください。

澤野

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=126 |
| カテゴリー1 | 07:34 AM | comments (x) | trackback (x) |
情報誌INTUITION 『第176号』完成!!
みなさん、こんにちは。

さて、情報誌INTUITION最新号『第176号』が完成いたしました。

今晩から印刷所に入り、明日の夕方に仕上がり、
4/26の夜から4/27未明かけて発送完了の見込みです。

今号は「熊本特別編」となっております。
全10ページギリギリまで詰め込んだため「できごと」は省略です。

壮大な瀬織津姫/アラハバキの世界をご確認ください。

また少し山に入らねばなりません。
それが終わりましたら、5月の半ばまでには某所へ「ピクニック」に行かねばなりません。
(どこへ行くかは『第176号』をお読みいただければ“明記”してございます)

それではみなさん、ごきげんよう。





| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=125 |
| カテゴリー1 | 11:02 PM | comments (x) | trackback (x) |
『第176号』の進捗状況とその他
みなさん、こんにちは。

先日は、千葉新浦安にはたくさんご来場いただきありがとうございました。
日本の権力構造と、三菱財閥の「秘密結社」についてたくさんお話しましたら、
今日、三菱自動車の燃費不正のニュースが偶然出ました。
みなさん、より理解が深まったのではないかかと思います。

さて、最新号『第176号』ですが、ほぼ原稿は書き終えています。
ほぼ、熊本の大地震についての多次元的解説となりました。
おそらく誰も言ってないし書いてない、まったく予想外の展開かと思われます。
23日(土)が大樹界でそちらの原稿も書かなければなりませんので、
『第176号』は、週が明けて、若干のポリッシュを行い、
遅くとも27日までには発行完了したいなあ~と考えております。


あと、講演会のお知らせがあります。

★5/13(金) 新浦安講演会 第三回 18時~21時まで。 
 新浦安 日の出公民館 第一会議室にて。
 平日夜間開催のため、懇親会はございません。
 参加ご希望の方は、メールをお送りください。
 
★6/6(火) 岡山講演会(仮) 日程会場変更の可能性あり。
 詳細決まり次第お知らせいたします。

★9/11(日) 仙台天命塾「第九回」 15:30~約3時間



| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=124 |
| カテゴリー1 | 05:36 PM | comments (x) | trackback (x) |
山から戻りました。
みなさん、こんにちは。

山から戻りました。
天地をひっくり返すアラハバキの作用の加速について、
正式に慎ましく遂行いたしました。
その結果どう動いたかは敏感な方の中には、
察知された方も居られるのではないかと予想します。

たとえ己に無関係と思われる事象であっても、
それを他人事と哂ってはならないと私は考えています。

新浦安では熊本のお話しも少しするかもしれません。
4/23の大樹界では徹底的にお話しいたします。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=123 |
| カテゴリー1 | 06:06 AM | comments (x) | trackback (x) |
『情報誌INTUITION』 最新号『第175号』が完成しました。
みなさん、こんにちは。

さて、大変お待たせいたしております、
『情報誌INTUITION』 最新号『第175号』が完成しました。

4/2(土)の夕方には投函できる見込みです。

今号は全9ページ。

「ウソ」と「幻想」と「劣等感」について、
メタファーに次ぐメタファーが全体に通底していることに気付いてください。
あと、「武士道」というものが、いかに捏造されたシロモノであるのかについて、
「幻想」に絡めて書かれています。

横溢した本能と無意識に知識とデータで肉付けしてあります。
人智に寄らぬ奥深さをぜひご堪能ください。

さて、振り返れば、3月は12日の新浦安講演会、26日の大樹界、
27日の仙台講演会、そして175号の執筆と、
4本の原稿を書き続けた1カ月でした。
これはなかなか体力を消耗する執筆量でさすがに疲労しました。

4月は、16日に新浦安の二回目講演会。
23日が大樹界の二界目があります。

6月には岡山講演が実現するかもしれません。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=119 |
| カテゴリー1 | 01:02 AM | comments (x) | trackback (x) |
DVDが完成しました!!
みなさん、こんにちは。

さて、やっとのことで新作DVD『消されたシリウス』
(偽りのアマテラス・システムの終焉)が、
完成、入荷いたしました。

なんと自力で「DVDコーナー」を更新いたしましたよ!!

【DVD概要】
タイトル : 消されたシリウス
商品番号 : ST-018
DVD概要 : DVD214分、片面二層ディスク、MPEG2、16:9
価格 : 本体7,000円(+税)

衝撃の問題作『セイレーンの魔女』から約2年の月日が流れた――
ここに、さらなる衝撃作『消されたシリウス』が世に放たれる。
余談や無駄話は一切無しのド真面目仕様はいつもの通り。 
澤野史上最長の214分間ビッシリと情報のみが収録されています。
浮き足立ち不真面目な現代スピリチュアルの中でも特に誤解され、
イメージだけが先行する瀬織津姫の本質と核心に迫る異色作。
末恐ろしい瀬織津姫とシリウスの秘密がここに明かされる!!

INTUITIONのDVDは、正真正銘の国際規格「DVD」です!
(DVD-Rとかではありません)
しかもなんと、華麗なるオーバースペック「4K」カメラで撮影されています!
ただ講演しているだけの映像ですが、ご覧ください!その無駄なハイスペックを(笑)!

しかしDVDの中で語られている内容は、超絶ハイクオリティですのでぜひお楽しみに!


【余談】
本当はメインタイトルのどこかに「瀬織津姫」を入れたかったのですが、
「瀬織津姫」という言葉が商標登録されてしまったようで、
勝手に使ってはいけないようなので、あきらめました。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=118 |
| カテゴリー1 | 10:42 PM | comments (x) | trackback (x) |
新作DVDのおもな内容を公開します!!
こんにちは。

新作DVD『消されたシリウス』~偽りのアマテラス・システムの終焉~が、
ようやくもうそろそろ完成してまいります。

このDVDでは、
三次元現実世界において「証拠を出せ」、「データを示せ」という意識次元では
計り知れないことが語られています。
証拠もない、データもない、いやそもそも誰も語ったこともないことですので、
前例自体が存在しないのです。

このDVDの中で語られる内容は、どれほど多次元世界を思おうと、
いまだ苛烈なる三次元現実世界の実生活という荒波に打ちのめされそうな
その顕在意識と理性のみならず、
ぜひあの幼少期にきらめいた柔軟で無限の想像力を高次元で融合均衡させてご覧ください。



続き▽
| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=117 |
| カテゴリー1 | 01:37 PM | comments (x) | trackback (x) |
新作DVD『消されたシリウス』(ST-018)がもうすぐリリース!!
新作DVD『消されたシリウス』(ST-018)がまもなくリリースされます!!

214分(3時間34分)という史上最長のボリュームとなっております。

今、表紙デザインを作っています。

DVDの内容のうち、私の「核」についての直観メッセージが語られていますが、
当ブログをご覧の皆様にそのメッセージの部分のみお伝えしたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――
「核爆発について」
「核」は鏡であるのだから、本来は完全なる「均衡」を求めるものです。
多次元世界(右脳)と三次元世界(左脳)が不釣合いな場合、
核爆発は過剰な一方を破壊し、足りない一方を補いバランスを取る働きです。
この双方への働きを総合して「アラハバキ」といいます。
単なる「破壊」そのもののみを「アラハバキ」というのではありません。

「核」はアラハバくことによって、完全なる均衡を求めます。
その一局面を見て、人類は核に恐怖します。
また、その一局面だけを見て、人類は核を兵器としてしか用いる術を知りません。

「核」について、人類はそれこそ根本的な認識にすらまだ至っていません。
科学技術のみでは核は制御できません。
核は高度な科学技術に、完全なるそれに均衡、釣り合うに相応しい「霊性」を
求めます。

私たちが現在の常識や思い込みで「核は怖いもの」と考えますが、
それは、三次元世界(左脳)、つまり科学技術のみで核を用いようとするからです。

私たちがこれまで到達した高度な科学技術に、
それに見合った多次元的な霊性(右脳)が付加されれば、核エネルギーというものは、
自由自在に、きわめて安全に、誰でも簡単に使いこなすことができます。

ただし、現在の人類には、その肝心な霊性が欠損しています。
つまり、「核」は本来は安全で簡単なものですが、今の人類には、
到底使いこなすことのできるレベルにまで到達はしていないということです。
―――――――――――――――――――――――――――――


以上です。

新作DVD、ぜひどうぞ。
完成しましたら、またお知らせいたします。



★3/27(日)仙台講演会のお知らせ

★3月27日(日) 15時開場 15:30~17:40頃
(講演時間は大幅に延長される可能性がありますので、上記時間は目安としてください)

★会場 あわの里 天命舎 仙台市青葉区国分町3-9-32 仙台ATOWAビル5階
★会費 5,000円(当日会場にてお支払いください)
★定員 30名
★電話、FAX、Eメールにて必ずご予約ください。
★仙台天命塾事務局 TEL/FAX 022-279-1024
★主催者携帯 090-8786-7300(大久保さん)

●詳細は、仙台天命塾 公式サイト http://genkiup.net/ でご確認ください。


それではまた!!

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=116 |
| カテゴリー1 | 10:28 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑