■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2016年07月 次月>>
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■

7/16(土) 新浦安 講演会のお知らせ
みなさま、ごきげんいかがですか?

さて、伊勢外宮あこねさん講演と、神戸講演会に気を取られてしまい、
7/16(土)の新浦安講演会のご案内を失念していました。
失念したからといって、ここが生温いわけではないのですよ。
――――――――――――――――――――――
7/16(土) 新浦安講演会

タイトル『未定!』(仮)

日の出公民館 第二会議室
千葉県浦安市日の出4丁目1−1
16時~19時
会費3,500円
参加ご希望の方はメールをお送りください。
――――――――――――――――――――――
伊勢外宮あこねさん講演は満員となりました。
ギュウギュウで狭くなり、私の立ち位置が縮小されたそうです(笑)。
みなさまありがとうございます。
神戸はどうなのかな?
神戸の方が面白い話をすると思うのですけど。
前回のブログ記事(6/28)をご参照ください。
神戸が終わったらそのまま岡山牛窓へ移動
(どうやって移動するのかは謎)し、
覚醒映画 『くう』 の上映会に一般客として潜入予定。
その後、『くう』の映画監督のトシワキタ氏と鯨飲する約束。
(トシワキタ監督とはじつは7/10に長谷川章子さんとともに、
事前に飲み会のリハーサルを行なうという周到さ)
アードベッグとイエーガーマイスターで痛飲する予定(仮)。
(※筆者註:浅草神谷バーの電気ブラン(オールド)と、
アブサン(ニガヨモギ)も含む)
――――――――――――――――――――――

【蛇足】
7/6 久しぶりの書泉グランデ。久々の神保町。
7/6 南青山Roopsで髪を切る。 http://roops.jp/
その他、特に無し(笑)。
あ、178号の原稿を上げなければならない。

五輪真弓さんの 『 愛の蜃気楼(砂の城) 』 ばかり聴きながら、
夕刻の新青梅街道を走るのでした。





| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=134 |
| カテゴリー1 | 04:16 AM | comments (x) | trackback (x) |
伊勢外宮(あこねさん)と神戸の講演会が決まりました。
みなさん、こんにちは。

さて、7/30(土)に伊勢の外宮にある「あこねさん」(茜社 豊川茜稲荷神社)にて、
講演会を開催できることとなりました。
瀬織津姫宇賀神弁天神社での開催となります。
地図で見ていただければ、この「あこねさん」がどれだけ外宮であるか、
おわかりいただけると思います。
ぜひみなさまご参加ください。(※満員となりました7/4)
この日は、特別コンテンツ①となりますので、お見逃しなく!

タイトル 『空海の怨霊』

密教のスーパースター空海は、四国八十八ケ所の巡礼地を置いた。
空海が隠し、現代人に投げかけた暗号とは何か?
中央構造線という龍体が覚醒しつつある今、剣山のアークの秘密が明かされる!!
日本史上かつてない空前のスケールで描く前代未聞の謎解きが
あなたの度肝を抜く!!

日時 2016年7月30日(土) 13:00~16:00

場所 あこねさん(茜社 豊川茜稲荷神社)
     伊勢市豊川町七二四番地
     http://akonesan.com

参加費 3500円

募集人数 25名 要予約 (※満員となりました7/4)

お申し込みは
t.harmony.8@gmail.com  (杉平まで)

※会場は25名でギュウギュウ満員になるくらい小規模ですので、
DVD撮影はいたしません。っていうかできません。

――――――――――――――――――――――

翌日、7/31(日)は神戸での講演会となります。
じつは、神戸での講演会は2回目ということになります。
前回は、平成25年(2013年)6月29日(土)のサラシャンティ講演でしたね!
覚えていますか?
となりますと、まさに3年ぶりの神戸ということになります。
駅を降りた瞬間から、そこに広がる風光明媚で気持ちの良い空気。
とても素敵なところです。
岡山、伊勢と続いて、ここ神戸は西日本のいわば中核といっても良いでしょう。
神戸は神戸で特別コンテンツ②となります。

7/31(日)神戸講演会のご案内

タイトル 『胎動する大蛇とアラハバキ』(仮)

神戸の秘密、宇宙と私を結ぶ鏡の窓はどこにある?
摩訶不思議な龍体列島日本の神秘、その魔術的根幹を明かす!
龍体列島日本の深海潮流は大蛇とともに動いている。
しかしそこは摩訶不思議な世界。
すべてはフラクタルに拡大し、収斂する。
今、何が起きているのか?について、
圧倒的な多次元的な情報を用いて多重的に組み立てます。
おそらくここで「逆ミカン」の集大成を見るのだと思います(予定)。
伊勢外宮あこねさん講演とはまたまったく違うお話しとなります。


日時:7月31日(日) 18:00会場 18:30~21:30頃

場所:兵庫県民会館 神戸市中央区下山手通4-16-3
http://hyogo-arts.or.jp/main/access.html



参加費:3,500円(要予約)

ご予約/お問い合わせ koube0731@yahoo.co.jp (松岡まで)

――――――――――――――――――――――


| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=133 |
| カテゴリー1 | 12:19 AM | comments (x) | trackback (x) |
忙しかった6月が終わろうとしています。
みなさん、こんにちは。

にんげんクラブ世話人の川端淳司さんが『情報誌INTUITION』について、
評してくださいましたのでご紹介いたします。

★『川端淳司のつれづれ読書録』より

第89回 かつて舩井幸雄さんも力強く紹介された
澤野大樹さんの究極の情報誌『INTUITION』。
http://www.ningenclub.jp/blog01/archives/kawabata/

川端さんとは2012年以来、もう4年お付き合いさせていただいております。

あと、少し遅れてしまいましたが、
ミッション・ナビゲーターの長谷川章子さんが私を紹介してくださいました。
http://ameblo.jp/mission-navi/entry-12167799682.html

全国を飛び回る長谷川さんですが、たまに東京に来られたときなどに、
飲みに行ったりいたします。

さて、明日は『大樹界』第四界(非公開)。
怒涛の6月の締めくくりとなります。

さて、今後の予定です。
――――――――――――――――――――――
7/16(土) 新浦安講演会
7/23(土) 大樹界(第5界)/(非公開)
7/30(土) 伊勢(外宮周辺)講演会(仮)
7/31(日) 神戸講演会(仮)
――――――――――――――――――――――
8月 小規模な特別イベント「皇室の話」(仮)予定
――――――――――――――――――――――
9/4(日) 仙台天命塾 第10章 
『巨大な龍が覚醒する!!』
『DNAの龍、人という龍、鏡という龍、日本列島という龍、
地球という龍がフラクタルに覚醒する!!』
詳細は、仙台天命塾のサイト
http://genkiup.net/
または、pdfでご確認ください。
http://genkiup.net/seminar/seminar281.pdf
――――――――――――――――――――――
詳細が決定次第、お知らせいたします。

さて、情報誌の『第178号』は、月末に仕上げたいと思っております。
今週は4日間も山に入っていたので疲労が溜まっています。

それではごきげんよう。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=132 |
| カテゴリー1 | 08:22 PM | comments (x) | trackback (x) |
函館で震度6弱
東日本大震災は福島会津

熊本地震は、西南戦争の舞台

函館地震は、戊辰戦争最終決戦地「箱館戦争」の地

すべて明治維新での賊軍を象徴する場所。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=131 |
| カテゴリー1 | 08:52 PM | comments (x) | trackback (x) |
岡山を終えてのひとこと。
みなさん、こんにちは。

6/5は、岡山市内での講演会。
6/6は、瀬戸内市「牛窓」での講演会。

どちらも満員御礼にてありがとうございました。
70名以上の方とお会いいたしました。

岡山で何か見たいところはありますか?
と訊かれて――、
「用水路が見たい!」
――と言いましたら「???」という反応。
岡山といえば用水路だと思っていた私としては意外な反応。
日本一デンジャラスな岡山の用水路を見るのが楽しみでした。
街中にいきなり「罠」があり、リアルマリオ状態の岡山。

【参考】転落事故が多発…危険すぎる岡山の「用水路」
http://matome.naver.jp/odai/2145871107470974101

驚いたのは、路面と水面が同じ高さのところがあったこと。
すなわち、夜になるとそこが道なのか水面なのか区別が付かないということ。

「こ、こ、これは!!落ちる!!」

吉備津神社にも連れてってもらえたし、サワラのカルパッチョも食べました。
路面電車が走っていて昼間は豊橋感があり、夜はザルツブルグ感もありました。

肝心の「牛窓」も素晴らしかった。
日本のエーゲ海とも言われる絶景でした。
講演の合間には、個人セッションを全6名に行ないました。
牛窓のまるでプライベートビーチのような砂浜に、
白いパラソルを立て、ブランデーを飲みながらの個人セッションです。
↓写真は「パラソルを準備する人たち」(笑)




さて、7月にまた西日本ツアーいたします。
――――――――――――――――――――――
7/30(土) 神戸講演会
7/31(日) 伊勢神宮(外宮)講演会
――――――――――――――――――――――
まだ(仮)なので、正式に決まりましたら当ブログにてお知らせいたします。


さて、新刊書のゲラのリタッチも終わり、
これから、6/18の新浦安講演会の原稿を書き下ろします。

――――――――――――――――――――――
★6/18(土) 新浦安講演会 第4回 17時~20時
新浦安 日の出公民館 第一会議室にて。
参加ご希望の方は、メールをお送りください。
――――――――――――――――――――――

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=130 |
| カテゴリー1 | 10:45 PM | comments (x) | trackback (x) |
『第177号』完成についてのお知らせ
みなさま、こんにちは。

さて、最新号『第177号』が完成いたしました。
6/2夜に印刷工場に入りまして6/3の夕方に仕上がり発送作業となります。

今号は、伊勢志摩サミットの秘密と、オバマ大統領広島訪問の秘密について書きました。
普通の解説かな、と思わせながらジワジワと度肝を抜いていくという
プログレ感が出ていると思います。
ちなみに、今号『第177号』は前編で、続きは後編『第178号』でとなっております。

楽しんでいただけたら嬉しく思います。

そして、『第178号』は、すでにほぼ書き終えています。
『第178号』は、6月中旬の発行を予定しています。


5/28の大樹界、6/5の岡山、6/6の岡山牛窓(非公式)、177号と、
1週間で4本執筆でフラフラとなっております。
が、結構楽しく執筆いたしました。

6/5は、久しぶりの西日本ということで楽しみにいたしております。
完全書き下ろしの講演原稿にて講演いたしますので、
ぜひご出席ください。

――――――――――――――――――――――

★6/5(日) 岡山講演会 概要 

タイトル: 『 岡山から浮上する真正縄文意識!!』

岡山に隠された秘密とは!?
失われた魂のルーツを探り、改めて、この時代に生きる意味を知る。
これからの未来へのヒントになる講演会です。
一人ひとりの立ち位置を確認してみませんか?

※バラエティに富んでいながらも深いお話をたくさんいたします。
※岡山限定のお話しと思わせておきながら普遍的で壮大な内容となることでしょう。

日時:2016年6月5日(日) 14:00~17:00

場所:狸庵(リアン)文庫美術館イベントホール
    岡山県岡山市北区富町2-13-14
    http://rianbunko.com/

参加費:3,000円

ご予約・お問い合わせ
manaloa.mari@gmail.com (佐藤)

――――――――――――――――――――――

それではみなさん、ごきげんよう。

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=129 |
| カテゴリー1 | 06:12 AM | comments (x) | trackback (x) |
沖縄の米兵の事件について
沖縄の米兵の事件について。

伊勢志摩サミットでオバマ大統領が広島を訪問します。
オバマ氏が非核を訴えますのは、
じつは日本への当てつけという側面もあります。

日本が右傾化し、「日本も核兵器を持つべきだ」という人が増えてきました。
「脅迫」によってもたらされる平和こそが平和であると訴える人たちです。

日本政府は、米国側に広島長崎の件でなんとかオバマ氏から、
謝罪の言質を取りたい。
しかしそれはこれまでの「世界の警察」としての顔をもつ米国からの謝罪です。

オバマ氏が今回、もし謝罪的な発言をしたとしたらなば、
それは、世界に君臨する暴君としてのアメリカとしての立場ではなく、
縄文化に進んだ新しいアメリカの顔として発せられるものでしょう。

日本は、アメリカの威光を笠に着てきたこれまでの弱い日本から、
アメリカから真の独立を果たした先にある「核自衛」を目論んでいますが、
戦後、長州の真の敵国であるアメリカがもはや反核にシフトしてしまっている以上、
日本の核配備へ向けた意気込みとは逆行しているのです。

そんなアメリカの意思をより明確に示すために、
今回の沖縄米兵による事件がクローズアップされてるのだと思います。

オバマ氏を広島で謝罪させたければさせたいほど日本が核を持つ理由が無くなっていく。
沖縄で米兵が事件を起こせば起こすほど、日本国内で反米意識が高まるが、
それはむしろ反米反戦左翼の求心力を増すだけで長州の思う反米とは意味が違ってきます。

ここから、米国の真意が透けて見えるのです。

つまり、

「アメリカはかつての原爆について謝罪しますよ。それは今のアメリカが、
 かつてのアメリカとは違うことを示すためです。つまり、だからといって、
 それは大日本帝国の所業を肯定することではなく、
 また、日本の核配備を後押しするものでもないですよ」ということです。

つまり、

今、アメリカは反核の方向へ進んでいます。
なのに、それに逆行して日本が核配備に勤しむのであれば、
アメリカは、日本を容赦なく叩き潰しますよ。

ということを言っているわけです。

オバマ氏がもし謝罪をするとしたら、それは当然、対日戦略の一環であるということです。

米国が謝罪をもししたら、当然のことながら、

「おい、明治維新以降の日本で秘密にしていることあるだろ?」
「日本政府も日本国民に謝らなければならないことがあるだろ?」と迫ってくるはずです。

つまり、

「米国が原爆を謝罪した!」と歓喜する背後で、
究極の藪蛇となる可能性があるということです。

これから沖縄で反米意識やデモが大きく起こってくるでしょう。
しかし、米国はじつは敵ではありません。
本当の「敵」があなたには見えるだろうか?

アメリカは日本の誰を敵として見ているのか?
日本の誰がアメリカと戦おうと企図しているのか?

これがわかったならば、その瞬間に、
縄文日高見の私たちと米国がじつは利害が一致していることに、
驚くはずです。


| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=128 |
| カテゴリー1 | 10:21 PM | comments (x) | trackback (x) |
講演会のお知らせ
みなさん、こんにちは。

5/13(金)の新浦安セミナーにはたくさんお集まりくださいまして、
本当にありがとうございました。

「逆みかん」のお話しをいたしました。

さて、直近の講演会の予定をお知らせいたします。
――――――――――――――――――――――

★5/28(土) 大樹界(界員のみ/一般の参加はできません)

――――――――――――――――――――――

★6/5(日) 岡山講演会 決定!! 

タイトル: 『 岡山から浮上する真正縄文意識!!』

岡山に隠された秘密とは!?
失われた魂のルーツを探り、改めて、この時代に生きる意味を知る。
これからの未来へのヒントになる講演会です。
一人ひとりの立ち位置を確認してみませんか?

※バラエティに富んでいながらも深いお話をたくさんいたします。
※岡山限定のお話しと思わせておきながら普遍的で壮大な内容となることでしょう。

日時:2016年6月5日(日) 14:00~17:00

場所:狸庵(リアン)文庫美術館イベントホール
    岡山県岡山市北区富町2-13-14
    http://rianbunko.com/

参加費:3,000円

ご予約・お問い合わせ
manaloa.mari@gmail.com (佐藤)

(※当初は6/6とアナウンスしていましたが正式に6/5となりました)

――――――――――――――――――――――

★6/18(土) 新浦安講演会 第4回 17時~20時

新浦安 日の出公民館 第一会議室にて。
参加ご希望の方は、メールをお送りください。

――――――――――――――――――――――

みなさま、お誘い併せの上、ぜひご参加ください。
お待ちいたしております!!

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=127 |
| カテゴリー1 | 07:35 PM | comments (x) | trackback (x) |
● できごと
みなさん、こんにちは。

さて、そろそろみなさんのお手元に『第176号』が到着する頃です。
GW連休前に発行できて安心(いや、内心ホッと)しております。

『第176号』では、最後の「できごと」がありませんでしたので、
ここでひとつ、書いてみたいと思います。

『第176号』では、熊本で起きた大きな地震について、多くの章を割いております。
「熊本」という場所にまつわる基礎的なメカニズムと、基礎知識を押さえますと、
これだけたくさんのことが紐解かれていくのだということを、
ぜひ体験していただきたく思っています。
その基礎メカニズムと、基礎知識を踏まえると、見えてくる多次元的見解がございます。
『第176号』では、そこの部分を強調しております。

さて、最新DVD『消されたシリウス』はもうご覧いただけましたでしょうか?
『ヒタカミの追憶』から始まった、
奇想天外なストーリーのクライマックスともいえる作品です。
いや、クライマックスと思っているのは今だけで、
おそらくこれからもっと展開していくと思います。

『ヒタカミの追憶』で、完全に「スイッチ」が入ったと思っています。

そして、『縄文神アラハバキと核エネルギー』で、さらに深く掘り下げ、
この日本に封印された秘密がどんどん浮上するのを感じました。

『瀬織津姫と新世界秩序』は、それらが日本限定ではなく、
世界、いや、この地球そのものに関わる喫緊の重大事であることがわかってきました。

そして、『女神の魂』では、その根幹を担う日本とアメリカの魔術的秘密が明かされます。
個人的には、この『女神の魂』は、
まさに精神的カタルシスをもたらした金字塔的作品と感じます。
『女神の魂』は、すごく特別な講演内容で、
色褪せることなく残っていくものだと思っています。

そして、『セイレーンの魔女』です。
『セイレーンの魔女』は、『ヒタカミの追憶』から始まった摩訶不思議な多次元ストーリーの、
まさに真髄であり、真骨頂であり、クライマックスに違いないと当時は思いました。
それくらい、私の中では重要な作品です。
そして――、

――あれから二年(笑)。
ここに『消されたシリウス』を世に放つことができました。

『ヒタカミの追憶』以降、私は「猛烈」と評言して良いくらいに勉強をしました。
(それでもまだ到底足りませんことは承知いたしております)
意識は完全に内在の「閉ざされたひとり」の中核へと向かっていました。
ここで、情報誌の発行に変化が起き、
文章量は3倍になったのですが、発行ペースが2倍遅くなりました。
このため、2014年以降の情報誌の発行が不規則になっていったのです。
そのことについて、「不誠実だ」とか罵られましたが、私の中ではまったく違っていて、
誠実であるためにそうならざるを得なかったわけですので、弁明に苦慮いたしました。
多くの人が思い描く「私の思うスピリチュアル」を追認するだけで、
その精神的充足を担う形をもって迎合してゆくという情報誌からの脱却を、
今思えば、確かに模索していたのだといえます。

その先に、「解放されたひとり」と出会い、新たな境地へと入ることができました。
その結果、生み出されたのが『消されたシリウス』です。
『消されたシリウス』が産み出されるまでには、これだけの辛苦があったわけです。

初めてINTUITIONを知った方、
初めてDVDをご覧になられる方もたくさんおられるでしょう。
初めて講演を聞かれた方は、おそらく私が何を言っているのか理解できないかもしれません。
情報誌INTUITIONは、今年で20周年です(よ!!)。
20年という歳月は、ひと言では申せない日々の積み重ねが確かにありますものね。
己の感覚ではわかりはしませんが、膨大な考量がそこにはあったのでしょう。
今、情報誌の執筆速度は、徐々に加速し、本来のペースへと回復しています。
しかし、情報の質と密度が格段に上がっているということを、
ぜひ感じていただきたいです。

『第176号』にも書きましたが、
「入り口と出口は必ず純粋でなければならない」と常に思っています。
つまり、『情報誌INTUITION』は、
まさに「純粋」こそがその突出した特徴でなければならないということです。

――と、つまり筆者が何を申したいのかと申しますと、
GW連休、4/28~5/4まで完全に休みますということです。

連休中に、お問い合わせや、DVDや情報誌のご注文をいただきました方への返信や発送は、
すべて5/5以降となりますので、何卒ご了承ください。

みなさん、充実した良い連休をお過ごしください。

澤野

| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=126 |
| カテゴリー1 | 07:34 AM | comments (x) | trackback (x) |
情報誌INTUITION 『第176号』完成!!
みなさん、こんにちは。

さて、情報誌INTUITION最新号『第176号』が完成いたしました。

今晩から印刷所に入り、明日の夕方に仕上がり、
4/26の夜から4/27未明かけて発送完了の見込みです。

今号は「熊本特別編」となっております。
全10ページギリギリまで詰め込んだため「できごと」は省略です。

壮大な瀬織津姫/アラハバキの世界をご確認ください。

また少し山に入らねばなりません。
それが終わりましたら、5月の半ばまでには某所へ「ピクニック」に行かねばなりません。
(どこへ行くかは『第176号』をお読みいただければ“明記”してございます)

それではみなさん、ごきげんよう。





| http://www.intuition.jp/blog/index.php?e=125 |
| カテゴリー1 | 11:02 PM | comments (x) | trackback (x) |
PAGE TOP ↑